伝説のスカウトマン、奥野高徳氏に学ぶ成功する会話術

会話で一番大切なこと

ここをおさえておく

カリスマスカウトマン、奥野高徳はどのようにして相手を魅了し、数々のスカウトを成功に導いているか。

それは、話題の多さです。
芸能、政治、外交、環境、流行、さまざまな話題がありますね。
これらの情報にアンテナをはり、相手の好みの話題を出してあげることにより相手の興味を引きます。
共通の話題側買えば相手もそれに沿った情報があるので次第に話は膨らんでいきます。

話が弾んだ後は熱心に聞いてあげること。
相手の言いたいことをよく聞いてあげることにより相手も安心感を持ち、スカウトの糸口になるのです。

話をよく聞いてもらうと相手は「私の言ったことを聞いてくれてる」と安心してくれるのでそこから本題を切り出せば穏便に話が進むのです。

相手の心理とは

話題の多さは相手の興味を探すきりくちです。
興味のあることをふられると人は嬉しくなりどんどん話をしていきます。

話すという事は気持ちを許すということです。
話せば話すほど警戒心は薄くなって行きます。
警戒心が薄くなれば「自分に害がない」と思うようになり相手の話もよく聞くようになるのです。

この警戒心を解くために話をしてもらうためにはよく話をしてもらうことです。
話をよく聞いてくれるのならばよく話をしたくなります。
聞き上手になること、これが必要です。

警戒心が溶けた後は相手が安心するのを待ちます。
安心させるにも相手に話をさせるに尽きるのです。
警戒心が溶けただけではこちらの話を聞いてくれません。
相手が安心してこちらの話を聞いてくれる信頼作りが一番のカギです。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ