伝説のスカウトマン、奥野高徳氏に学ぶ成功する会話術

誰でもできる社交場の会話術

慣れるまでは聞き役で

もし、人見知りで初対面の人との会話に困っているのなら、まず最初は聞き役にまわるようにしてみてください。
無理に話をしようとして相手の方に失礼な話題になってしまったり、目線がきょろきょろと定まらなかったりとあまり好印象を与えられないことが多く、後で後悔してしまうというケースをよく耳にします。
そんな場合に墓穴を掘ってしまうよりも、相手の方のお話しをよく聞いて、相槌や質問などで話しやすいような雰囲気を作り出していきましょう。

慣れてくると、相手の方が自分の話を聞いてもらいたい方なのか、聞きたい方なのかが見分けられるようになり、その時に応じて対応できるようになります。
つまりは、場所や雰囲気、初対面の方との会話に慣れることが大切なのです。

事前の準備も必要?

慣れるまでは聞き役になるのも良いと申し上げましたが、話のきっかけがなくては聞き役にもなることもできません。
話し相手からきっかけを作ってくれる場合は良いのですが、そんなに毎回都合よく話しかけてもらえることは少ないです。
しかし、初対面の方にいきなり馴れ馴れしく話しかけるのも失礼になる場合がありますし、たどたどしく不自然に話しかけると気を遣わせてしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、事前に話のきっかけとなりそうな話題をいくつか用意してみてください。
話題はきっかけとなるものですので、当たり障りのない物でしたら何でも構いません。
当日の天気やニュースのことなど、相手が返答に困らない程度の軽い話題を用意し、それからお互いの興味のありそうな話に繋げていくのが良いと思います。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ