伝説のスカウトマン、奥野高徳氏に学ぶ成功する会話術

会話の本質とは何か

会話って何?

会話は相手があってすることです。
自分が二人いるのであれば、どんな話をすればいいのか悩む必要がありませんが、そんな事絶対にありませんよね。
相手はどういった思考で、何が好きで嫌いなのか。
当たり前ですがはじめは何も知りません。
でも、初対面でいきなりズバッと訊く人はいないですよね。
当たり障りのない話から始め、徐々に相手を理解して距離を縮めていくのが一般的です。
会話をするには、相手と話題を共有し、広げていくことが必要になります。
どちらかが一方的に話しても、それでは会話をしているとは言えないのです。
人がいれば会話が生まれ、そこからそれぞれの関係は発展していきます。
自分も相手も楽しく、会話ができるといいですよね。

コミュニケーション

会話をするという事は、コミュニケーションを取るという事です。
でも、簡単に見えて実は難しいコミュニケーション。
例えば自分の好きな事を話していても、相手がどう興味を持ってくれるか、聞く側は相手に興味を持っていますよという気持ちをどう伝えるかを、お互いに工夫する必要があるからです。
簡単に言ってしまえば、「相手に関心を持つ」ということ。
話が上手い人ほど聞くのも上手い、といわれるように、お互いを気配りすることで、充実した会話になり、盛り上がることができるのです。
話題も大切ですが、まずは相手との関係を考えることが、盛り上がる会話術の第一歩です。
話をしていると、ついつい暴走してしまいがちですが、常に相手を意識した会話を心掛けましょう。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ